形成外科

形成外科

Plastic surgery

 

形成外科は、からだの表面で起こる生まれながらの異常や、病気や怪我などによってできた見た目のよくない状態を治療する外科で、頭や顔面を含めたからだ全体を治療対象としています。

 

主な症状・疾患

・けが、傷跡
・やけど
・ケロイド・肥厚性瘢痕
・あざ(青あざ)

・母斑:異所性蒙古斑、太田母斑は当院で保険治療できます
・ADM
・外傷性入れ墨
・ほくろ:当院での治療についてはこちら
・脂肪腫
・粉瘤
・巻き爪、陥入爪
・腋臭症:ボトックス注射が可能です

異所性蒙古斑、太田母斑

赤ちゃんのおしりに多く見られる青色のあざ”蒙古斑”ですが、おしり以外の場所に現れるものを”異所性蒙古斑”と呼びます。学童期までに自然消失するケースが多いため放置される方もいらっしゃいますが、露出部の場合は精神的苦痛を緩和するためにレーザーによる治療を行うことも可能です。

一方、顔面に出る後天性のあざは太田母斑と呼ばれ、自然に消退することはありません。こちらもレーザーによる治療を当院で行うことができます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。